アンダーヘアを処理するのがマナー?

世界地図を指さす女性私たち日本人も最近はアンダーヘアの処理に興味を持つようになってきましたが、世界から見るとまだまだ遅れているようです。

先日、世界中の外国人が出演する番組で、アンダーヘアに関する議論をしているのを見ましたが、アンダーヘアを処理するのがマナーという外国人が多くて驚きました。

欧米をはじめ、ヨーロッパ各国、そしてオーストラリアや、アフリカの方まで、処理するのがマナーだと主張していました。

欧米ではアンダーヘアは処理して当たり前

特にアメリカは脱毛に関する美意識は日本よりはるかに進んでおり、ワキと同じように、アンダーヘアの処理は常識らしいです。また、女性だけではなく男性もアンダーヘアを整えている割合が日本と比べると格段に多いようです。

アメリカ人から日本の女性への意見として多いのが、「日本人女性は美容にとても気を使うのに、何故アンダーヘアを処理しないのか?」という意見です。日本ではハイジニーナ(毛をすべてなくす)などの処理方法はやり過ぎとの意見も多いのですが、アメリカでは多くの方がハイジニーナ脱毛をしているので、特に不思議なことでもないようです。逆にアメリカでお手入れを全くしていないアンダーヘアを見た人は、なんで?と不思議に思う傾向があるのです。

アメリカのアンダーヘア事情日本ではワキの脱毛が当然となっているので、もしワキ毛が生えっぱなしでボーボーの女性を見た場合、どう思うでしょうか?アメリカではアンダーヘアの処理が常識となっていますので、それに近い感覚なのです。

そのため、アメリカでは、アンダーヘアを処理していないと、「非常識」や、「不潔」に見られてしまう可能性があります。アンダーヘアをお手入れしないことで、ジムのシャワー室などで他人から変な目で見られたり、パートナーから性格がずぼらと思われたり、不潔と思われたりしては大きなマイナス要素になってしまいます。このような原因をあらかじめ排除するために、みなさん処理しているのですね。

処理方法ですが、シェービングを繰り返している人もいますが、サロンでブラジリアンワックスを使っている人や、家庭用脱毛器を使っている人も多いようです。Vラインの毛を残す場合は、サイドをキレイに剃って細いI型の方が多いようです。アメリカ人はセクシーな下着を着用する人も多そうですから、シュッと真ん中だけを残した細い形が流行っているのですね。

世界のアンダーヘア事情

アメリカを例に挙げましたが、南米、北米、ヨーロッパでも同じようにアンダーヘアをお手入れする習慣があるようです。日本を含むアジアにはナチュラル思考の方が未だに多く処理しない女性が多いようです。また、インドでは、ヒンドゥー信者は処理をしませんが、イスラム教はアンダーヘアが生えているのは不潔とされているので、14歳になると処理を始めるようです。このように、宗教によっても処理するかしないか分かれるようです。

もちろん文化の違いがありますし、今はまだ日本ではアンダーヘアを処理しなければいけないと言うほどではありません。アンダーヘアを処理するメリットは見た目と衛生面ですので、この先どんどんと美意識が高くなる日本において、近い将来処理するのが当たり前になる時代がくるのは容易に推測できます

Copyright(c) 2011 アンダーヘアの処理・お手入れ情報 All Rights Reserved.