Vラインのお手入れ・処理方法

Vライン(ビキニライン)を処理する目的はやっぱり見た目。どのようなデザインにしたいかを決めてから処理することがポイントです。

そして、最近のセクシーな下着や、水着は生地の面積が狭いものも多いので、きちんと処理しておかないとはみ出して恥ずかしい思いをしてしまいます。

カミソリや、毛抜きの頻繁な処理はNG

Vラインイメージ処理方法は、昔も今もカミソリや毛抜きを使っている人が多いようです。

注意しなければいけないのは頻度です。夏の間、数回だけカミソリで剃るのは大きな問題ではないと思います。しかし、長期間にわたりシェービングを続けると、お肌にトラブルが発生するリスクが高い処理方法です。

アンダーヘアは毛が太いので、剃るときには肌への負担が意外と大きいのです。そのため、頻繁なシェービングはやめて、肌のことを考えながら正しい方法で処理しましょう。毛を抜くのはカミソリよりもさらに負担が大きいので、やめ他方が無難だと思います。

カミソリでVラインを処理する時の注意点

剃るときに注意することは、
・からぞり、さかぞりはしない
・ローションなどでアフターケアをしっかりする
・お風呂など菌が多いところでは剃らない

これらに注意して、ビキニラインの処理をするといいでしょう。

はみ出る毛はカットしてお手入れ

ビキニラインは、幅を調節しても毛が長いと下着や水着からはみ出てしまいます。Vラインを理想の形に処理したあとは、残った毛の長さをカットしてはみ出しを予防しましょう。

カットするときは、ハサミでぱっつりカットすると毛先が尖ってチクチクしてしまい「突き出し」の原因にもなりますので、市販のヒートカッターなどつかって毛先を丸くカットする方法がおすすめです。

熱を利用したカットなので、使用の際はくれぐれも火傷に注意して、小さなお子様がいるところでの使用を避けたり、冷めてから片付けるといったように、安全に気を配りましょう。

Vラインのオススメ処理方法は?

自己処理の中でオススメは、カットや電気シェーバーです。

仕上がりを重視する人や、処理の手間を省きたい人は脱毛がオススメです。Vラインを理想の形に整えることができますし、生えてこなくなれば処理の手間も省けて肌トラブルも回避できます。

脱毛サロンでVライン脱毛

多くの脱毛サロンでは、Vライン+ワキや、VIOプランなど、様々なセットプランを提供しており、自分が脱毛したい部位と合わせてプランを選ぶことができます。無料カウンセリングでは、形なども相談することができますし、価格も安くなっています。

家庭用脱毛器でVライン脱毛

Vラインを人に見られるのが恥ずかしいという方は少なくありません。家庭用脱毛器を使えば、好きな時間に自由にVラインを脱毛することができます。最近の家庭用脱毛器はとても高性能ですので、自宅で脱毛サロンと大差ない効果を体感することができます。

アンダーヘア処理(Vライン)関連ページ

アンダーヘアの説明

Iラインのお手入れ・処理方法  Oラインのお手入れ・処理方法

Copyright(c) 2011 アンダーヘアの処理・お手入れ情報 All Rights Reserved.