埋没毛(埋もれ毛)って?

その名の通り、皮膚の中に毛が埋もれてしまいます。カミソリの処理でも埋もれますが、毛を抜いたときに発生しやすいです。

皮膚の下で成長をつづけて、まっすぐ伸びたり渦巻いたりします。肌の表面から透けて見えてしまうと見た目的に気持ちのいいものではありませんので、毛が埋もれないような処理をすることが大切です。

原因

抜いたり剃ったりした毛が成長する前に、皮膚が再生して蓋(ふた)をしてしまいます。成長を続ける毛は、皮膚を突き破ることができないために、皮膚の中に埋もれてしまいます。主な原因は、毛抜きやカミソリによる自己処理です。

対策

埋もれ毛を見つけた時は、ついほじくり出して抜きたくなってしまうのですが、ピンセットなどで無理にほじくると傷口が広がってしまい、そこからバイ菌が入り炎症を引き起こす可能性がありますので注意。浅い位置で埋もれている場合は、ピーリング用の石鹸やタオルで古い角質をはがすと毛が表面に出てきます。

出てきた毛を引っこ抜くと気持ちが良いですが抜いてはダメです。抜くと、すぐに皮膚が再生して毛を埋めてしまいますので、同じように埋もれ毛になってしまう可能性が高いです。そして、針や患部の消毒も忘れないようにしましょう。

皮膚が弱く埋もれやすい体質の人もいますので、ムダ毛が大漁に埋没した場合は処理方法を見直すことも大切です。

埋没毛(埋もれ毛)関連ページ

肌トラブル一覧

色素沈着  毛嚢炎(毛包炎)

Copyright(c) 2011 アンダーヘアの処理・お手入れ情報 All Rights Reserved.