間違った自己処理はトラブルの原因になります

自分でアンダーヘアを処理している人は、処理方法や頻度次第で肌トラブルになってしまう可能性があります。

特にアンダーヘアは比較的毛が多く太いので処理による肌トラブルのリスクは高いです。それでは、アンダーヘアの処理で、おこりやすい肌トラブルを紹介します。

埋没毛(埋もれ毛)

皮膚の中に毛が埋もれてしまう症状です。毛が皮膚を突き破ることができずに中で成長を続け、見た目もよくありません。アンダーヘアは特に埋没毛になりやいので、注意が必要です。主な原因は、カミソリや毛抜きによる自己処理です。

色素沈着

シミやソバカスのように茶色や黒ずんだ状態になります。アンダーヘアのお手入れや、処理による肌への刺激が主な原因です。回復に時間がかかるのが特徴です。

毛嚢炎(毛包炎)もうのうえん・もうほうえん

アンダーヘアを処理した後の毛穴に菌が入り込んでおこる皮膚の炎症です。毛穴のまわりが赤く腫れて、中心に膿みが発生することもあります。かゆみや痛みはほとんど無いことが多いです。カミソリ負けも一種の毛包炎です。

Copyright(c) 2011 アンダーヘアの処理・お手入れ情報 All Rights Reserved.