電気シェーバー

アンダーヘアの処理に電気シェーバーを使用する人は多く、人気が高い処理方法です。
最近は電気シェーバーのスイッチ切り替えるだけでトリミングができるタイプの商品もありますので、Vラインの形を整えたり、長く伸びた毛を整えたりと使用の幅が広がりました。本体は丸ごと水洗いできますので衛生面の心配もありません。

電気シェーバーの色々な種類を紹介します。

ボディ用電気シェーバー
一般的な電気シェーバーです。全身に使えますので、アンダーヘアの処理にも使用できます。パワーが強いので、アンダーヘアなどの太い毛の処理には向いています。

Iラインシェーバー
コンパクトサイズでネックが小さいので細かいシェービングが可能です。本体がコンパクトなので、ボディ用の電気シェーバーほどのパワーはありません。

トリマー
トリマーは細い毛や産毛の処理に便利ですが、アンダーヘアのような太い毛には電気シェーバーのほうが向いています。Vライントリマーという専用のトリマーは、毛を刈るタイプではなく、熱で焼き切るヒートカッターのようなタイプが一般的です。

電気シェーバーの使い方、注意点

まずはVラインのデザインを決めます。なんとなく使い始めるよりも、形や剃る範囲を決めておくとスムーズに処理できます。

毛が長いと上手に処理できませんので、処理範囲を決めたあとに処理する部分をはさみで短くカットしましょう。

電気シェーバーを使うときは、肌に直角になるように当て、毛の流れに沿ってなめらかに動かします。このときは皮膚に押しつけすぎないようにしましょう。あまり強く押しつけるとヒリヒリしたり、色素沈着の原因にもなります。

処理が終わったあとは、忘れずに保湿しましょう。

電気シェーバーでアンダーヘアを処理 まとめ・考察
電気シェーバーは肌への負担が少ないので、アンダーヘアの処理方法としてオススメです。

しかし、深くまで剃れるわけではありませんし、剃ったあとはまたすぐに生えてきてしまいますので、キレイな状態は長く続きません。お肌への負担が少ないとはいえ、頻繁な処理は極力避けるようにして上手に活用しましょう。

また、長い間電気シェーバーを使用していると、刃が切れにくくなることがあります。切れ味は肌への負担と関係していますので、替刃を忘れないようにしましょう。

電気シェーバーで処理 関連ページ

自己処理方法一覧

カミソリ  電気シェーバー  クリーム・ローション
カット  毛抜き

Copyright(c) 2011 アンダーヘアの処理・お手入れ情報 All Rights Reserved.