毛を抜いて処理するときの注意と正しい方法

脱毛テープを使う女性毛抜きのメリットは、一度処理するとなかなか生えてこないということでしょう。
しかし、肌に最も大きな負担がかかる処理方法です。

そのため、毛を抜く際には、肌への負担を極力減らすために注意しなければいけないことが多くあります。毛を抜くといっても色々な手段がありますので、まずは毛抜きの手段を紹介します。

毛抜きの手段

毛抜き
ピンセットなどで毛を引き抜く方法です。準備も手間もいらずちくちくとできるお手軽な処理方法です。ただし気が遠くなるほど時間がかかります。毛を抜いていただけで、気がついたら数時間過ぎていたなんてことももよくある話です。あとは毛を抜くと癖になるので注意が必要です。

脱毛テープ
毛の流れに沿って専用のテープを貼り、毛の流れに逆らって一気に引き剥がします。とても痛いです。かつては定番だったこの方法は肌への負担が大きく、現在はあまりやっている人はいないのではないでしょうか。

ワックス
ワックスを塗って固まったら一気に引き剥がす方法です。とても痛い。またとれずに残った毛は、ピンセットなどで抜かなければいけません。有名なブラジリアンワックスは、粘着力の強いワックスを塗って固まった頃に一気に引きはがす方法ですが、考えただけでも痛みと肌への負担は計り知れません。

家庭用脱毛器
毛抜きタイプの家庭用脱毛器です。フラッシュ式にくらべて価格が安いのですが、アンダーヘアに使える商品は少ないです。

アンダーの毛を抜くときの注意点

アンダーヘアの毛を抜く処理の特徴は、

・痛い
・肌トラブルになりやすい(埋没や炎症など)
・黒ずみや、ザラザラなどの見た目の問題

などです。なにも知らずに抜きつづけると、毛穴が炎症をおこして赤くなってしまう「毛嚢炎」や、皮膚の下に毛が埋もれてしまう「埋没毛」などのトラブル起こる可能性が高いです。毛を抜く場合は、一度に多くの毛を抜かないように注意して抜いた後は毛穴がむき出しですので、肌を清潔に保ちましょう。そして保湿クリームや、ローションのアフターケアを忘れずに。

毛抜きでアンダーヘア処理 まとめ・考察
毛抜きは処理に時間がかかりますし、なにより負担が大きいので長期間にわたり処理を繰り返すのはおすすめできません。お肌のことを考えるのであれば、早めに別の方法にきり変えた方が良いでしょう。

毛抜きで処理 関連ページ

自己処理方法一覧

カミソリ  電気シェーバー  クリーム・ローション
カット  毛抜き

Copyright(c) 2011 アンダーヘアの処理・お手入れ情報 All Rights Reserved.