脱毛サロンや、クリニック、家庭用脱毛器の脱毛方式

脱毛エステサロンや、家庭用脱毛器、クリニックで採用されている脱毛方式を紹介します。

電気脱毛

電気脱毛は、毛の1本1本に電流を流すことで、毛根と毛乳頭にダメージを与えて、毛の再生能力を失わせる方法です。医療行為ですので、医師免許を持つ人以外は行えませんので、クリニックでの施術となります。

メリット : 脱毛効果が高い、細かい箇所も可、色素が薄い毛も可能
デメリット : 痛い、金額が高い、時間がかかる、広範囲には不向き、体調によって施術不可(妊娠・熱)
主な方法 : クリニック

レーザー脱毛

黒い色に反応するレーザーを照射することによって、毛穴の奥深くの毛根を破壊して脱毛する方法です。主な方法は、脱毛サロンやクリニック、家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器を使用する場合はしっかりと説明書を読んで正しく使いましょう。

メリット : 脱毛効果が高い、痛みが少ない
デメリット : 範囲が狭い、色素が薄い毛には効果が低い、規制が多い
主な方法 : 家庭用脱毛器、クリニック

フラッシュ脱毛

強い光を照射することで、毛乳頭や毛母細胞を破壊して、毛の再生能力を低下させます。効果は高くないので繰り返し照射しなければ行けませんが、照射範囲が広い特徴がありますので他の脱毛方法より手間はかかりません。

メリット : 範囲が広い、時間がかからない、美肌効果、痛みが少ない、照射コストが安い
デメリット : 照射力はレーザーに劣るので、脱毛完了までの照射回数がレーザーより多くかかる
主な方法 : 家庭用脱毛器、脱毛サロン

Copyright(c) 2011 アンダーヘアの処理・お手入れ情報 All Rights Reserved.