家庭用脱毛器でアンダーヘアを脱毛

キレイな女性また、自宅の近くにサロンがなかったり、アンダーヘアは自宅でこっそりと処理したいと考える人も多いと思います。

近年の脱毛市場の拡大とともに、家庭用脱毛器の各メーカーの価格競争が激しくなり、近年は安い価格で手に入れることができるようになりました。また、最近の家庭用脱毛器は性能面でもめまぐるしい進化を遂げています。

メリット

お手軽に好きなだけ脱毛

好きな時間に誰にも見られず、気軽に脱毛できるのが人気の理由でしょう。自宅にいながら誰にも見られることなくムダ毛を脱毛できるのはうれしいポイントですね。音がほとんどないから夜中でもこっそり脱毛できちゃいます。

恥ずかしくない

サロンで脱毛する場合は、同じ女性でもワキやアンダーヘアを見せるのは恥ずかしいと考える人も多いようです。家庭用脱毛器であれば、誰にも見られる心配がありません。

コストパフォーマンス抜群

コスパ抜群本体価格は数万円するものが主流ですが、最近の家庭用脱毛器は、カードリッジの寿命が驚くほど長く、本体さえ購入してしまえば、ほとんど維持費がかかりません。つまり一度購入しまえば、あとは使い放題でコストパフォーマンス抜群。そのため、アンダーヘア以外にも、安くあちこち脱毛したい人には家庭用脱毛器がおすすめです。

また、主流となっているフラッシュタイプは、美顔機能を兼ね備えた商品も多く、家庭で光フェイシャルを体感できますし、美容の観点から見るとかなり優秀だと思います。

家族や友人と共有できる

男性と女性1台あれば、家族や友人と本体を共有できます。最近ではひげ脱毛にも使える家庭用脱毛器もありますので、家族で購入する人も増えているようです。カードリッジタイプであれば、自分専用のカードリッジを持てば、衛生面も気にせず使うことができます。

デメリット

脱毛しにくい個所がある

背中などの手が届かない箇所は、誰かに手伝ってもらわなければ脱毛しにくいです。

使用方法を理解して使う必要がある

サロンではエステティシャンが施術してくれますが、家庭用脱毛器は自分で使いますので、使い方を間違えないように注意しなければいけません。

選ぶならフラッシュ?レーザー?

レーザータイプとフラッシュタイプの家庭用脱毛器の特徴を紹介します。

フラッシュ脱毛器の特徴

フラッシュタイプの家庭用脱毛器は、痛みが少なく、照射範囲が広いのが特徴です。最近では、美顔器としても使用できるタイプが主流となっています。

フラッシュ脱毛器・痛みが少ない
・照射範囲が広く、時間がかからない
・細い毛にも効果的
・美顔器としても使える

レーザー脱毛器の特徴

レーザー脱毛器は、フラッシュに比べると高いパワーが出るのがメリットですが、照射面積が小さいのでかなりの時間と手間がかかってしまいます。また、メラニン色素の黒い色に反応しますので、産毛のような細い毛には高い効果を発揮しないというデメリットもあります。

レーザー脱毛器・フラッシュよりハイパワー
・充電式(バッテリータイプ)だから持ち運びが楽
・細い毛には効果が低い
・照射面積が狭いから時間がかかる

家庭用脱毛器でアンダーヘアを脱毛 まとめ・考察
現在はフラッシュ脱毛器が主流になり、レーザータイプは数が減っています。やはり、照射面積が広く、手間がかからないというのが最大の理由だと思います。また、最近では、脱毛サロンと大差ない脱毛力が注目され、サロンから家庭用脱毛器に乗り換える方も増えているようです。

自分で使う手間がデメリットですが、誰にも見られず気軽に脱毛と考えるとメリットが大きいように感じます。美顔機能など、多機能な商品もありますので、美容グッズとして考えるとかなりコスパが高いと思います。もちろん、性能が低い商品もありますので、失敗しないような商品選びが大切になってきます。

当サイト注目の家庭用脱毛器

ケノン (KE-NON)

ケノンの画像脱毛スピード、脱毛力、ランニングコスト、多種機能、安全性など家庭用脱毛器に求められる多くの性能で業界トップクラス。発売わずか3日で楽天の家電ランキングで105万商品中1位になった実績を持つ、当サイトでもイチオシの家庭用脱毛器です。

価格 : 98,000円 → 73,800円(月々3,300円の分割も可)
脱毛方式 : フラッシュ脱毛
カードリッジスペック : 50,000発 / 3.7cm × 2.5cm
照射コスト : 1発あたり0.15円

ケノンをオススメする理由
初期投資は安いとはいえませんが、本体を購入してしまえばあとは使い放題です。カードリッジ寿命が20万発もありますので、全身脱毛も余裕です。維持費はほとんどかかりません。アンダーヘア(Vライン)や、顔脱毛にも対応しており、カードリッジ付け替えで美顔機能や眉毛のお手入れも可能ですので使い勝手抜群です。高性能なのに経済的で、コスパ抜群!

レビューや口コミを見ても高評価ですし、実際にいくつもの家庭用脱毛器を渡り歩いてケノンに落ち着く人も少なくありません。現存する家庭用脱毛器の中では最高峰の性能ですので、後悔しない脱毛器だと思います。

購入者の声
ケノン購入者の声1決め手はVIOに使えるからでした。私はサロンでワキが終わっているけど、VIOは恥ずかしすぎて無理でした。お家で人知れず脱毛できるのはうれしいです。デリケートゾーンの形を決めて照射していますが、ヘアの縁の方は生えてくるのが遅くなっています。 ちなみに強さ1では全然痛くないので、効いてる気がしません・・・。4くらいからパチッとはじかれる痛みを感じます。私は剛毛な方だと思うので、8でやってます。冷やしてもパチンと痛みを感じますが、我慢できる痛みです。来年の夏までまだ半年あるので、余裕かな♪ はみ出しを気にせず水着を着るのが楽しみです。

ケノン購入者の声2今まで、色々な脱毛にチャレンジしたけど、ケノン最高です。前に毛を抜くタイプの脱毛器と、熱線で焼き切るタイプ(今考えるとこわい^^:)を買って失敗して半信半疑だったんです。ケノンは価格が高いから半年くらい迷ってやっと決断しました。もう使って6ヶ月ですが、腕はほとんど生えてきません。ビキニラインとワキはまだ生えてきますけど、スピードも量もかなり減っています。ビキニラインとかワキってカミソリで剃るとすぐブツブツができちゃいますからね>< 評判の高さを信じて買ってよかったです。

ケノン
↑↑ケノン公式サイトで、ケノンの詳細や実際に購入した方のレビューをご覧下さい

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

トリア画像現在はTVのCMでもおなじみのトリア。レーザーの光を照射することで、毛の濃い色素に反応して毛の再生能力を失わせます。問題点は照射面積の小ささと、色素が薄い毛には反応しにくいところです。


価格 : 54,800円
脱毛方式 : レーザー脱毛
カードリッジ : バッテリータイプ
照射コスト : -

トリアをオススメする理由
全身に使用するとかなりの手間と時間がかかってしまいますので、あちこち脱毛するならケノンに軍配が上がります。しかし、Vラインや、ワキなどの毛が濃くて、範囲が小さい箇所の脱毛には向いていると思います。価格がケノンよりも安いこともあり、アンダーヘアの脱毛ならば選択肢に入れてもいい脱毛器です。

購入者の声
トリア購入者の声1ビキニラインの脱毛がしたくてトリアを選びました。1年半くらい使用していますが、今では思い出したときに使ってみるくらいで、もうほとんど処理しなくていいレベルになりました。
アンダーヘア以外にもたまに指や腕に使っていますが、生えるのが遅くなりましたが細い毛が生えてきます。レーザーは薄い毛には反応しにくいとのことですが、たまにの照射で生えるのが遅くなっているので、根気よく使えば効果ありそうです。

トリア購入者の声2痛いです。フラッシュより脱毛力がありそうな気がしてトリアを選んだのですが、とにかく痛いです。私はワキとVライン用に購入したので、どちらも毛が太いからなおさら痛みが大きいのでしょう。他にも充電がなくなるのが早いことと、ファンの音が少し気になります。口コミを見ると効果はあるようですので、気長に続けたいです。


↑トリア公式サイトで、ご利用者の声や、トリアの詳細をご覧下さい。

家庭用脱毛器で処理 関連ページ

脱毛方法一覧

脱毛サロン

Copyright(c) 2011 アンダーヘアの処理・お手入れ情報 All Rights Reserved.