トップイメージ

アンダーヘアをキレイに処理したい!

現代女性の美意識の向上とともに、アンダーヘアのお手入れや処理をする女性は年々増え続けています。

そして、約60%の女性が自分でアンダーヘアを処理しているようです。

しかし、アンダーヘアの処理やお手入れの話は、なかなか人に聞きにくかったり、情報源が少ないことが理由で、しっかりと正しい処理が出来ている人は多くはありません。

当サイトでは、アンダーヘアをキレイに処理するために役立つ情報を紹介しています。

方法は、「自己処理」か「脱毛」に分かれます

自宅でアンダーヘアを処理する方法は、大きく分けると2種類です。

カミソリや電気シェーバーを使う自己処理と、
家庭用脱毛器を使用する脱毛(美容脱毛)です。

自己処理

悩む女性お手軽ですが、効果はあくまでも一時的です。生えてくるたびに処理しなければいけませんし、長い目で見ると手間とお金がかかってしまいます。

また、アンダーヘア部分の皮膚はデリケートですので、自己処理によっては、続けると肌トラブルになって、肌が汚く見えてしまいます。

仕上がりに満足できないままに自分でアンダーヘアの処理を続けている人も多いようです。後悔しないためにも、自己処理する場合は、十分注意しましょう。自己処理方法のやり方や注意点を紹介しますので参考にして下さい。

自己処理方法一覧

カミソリ  脱毛クリーム  毛抜き  カット

脱毛 (美容脱毛)

毛根にダメージを与えてアンダーヘアの再生能力を失わせる方法です。

脱毛することで、段々毛が生えなくなりますので、最終的にはほとんど処理がいらなくなります。

自己処理のわずらわしさから解放されることで自由な時間が増えます。現在主流となっている脱毛方法は家庭用脱毛器と、脱毛サロンです。

脱毛方法一覧

脱毛サロン  家庭用脱毛器

脱毛と自己処理を上手に使い分けましょう

伸びた毛をカットしたり、電気シェーバーで形を整える程度なら自己処理でも問題ありません。アンダーヘアを頻繁に処理する人や、キレイな仕上がりにこだわる人処理に時間をかけたくない人は脱毛を選ぶといいでしょう。

また、部位や目的によって自己処理と脱毛を上手に使い分けることで、理想のアンダーヘアになることができます。

Vラインの長さを整えたいなら

アンダーヘアの中で毛を残して長さを整えるのはVラインのみです。オススメの手段はツンツンしないようにカットできるヒートカッター(Vライントリマー)です。2000円程度とお手軽な価格ですので、1本持っていると重宝すると思います。

Vラインの形をデザインしたいなら

形を整えて好きなデザインにしたい場合は、Vラインサイドの余計な毛を処理・脱毛する必要があります。この場合は、電気シェーバーでもいいのですが、仕上がりを重視するなら脱毛がオススメです。Vラインは自分でも処理しやすいので、家庭用脱毛器がいいと思います。

I、Oラインの毛をなくしたいなら

IやOラインは脱毛がオススメです。電気シェーバーで一応処理は可能ですが、美しい仕上がりは難しいです。脱毛手段としては、家庭用脱毛器でも脱毛するのが難しい部位なので、脱毛サロンがベストだと思います。

Copyright(c) 2011 アンダーヘアの処理・お手入れ情報 All Rights Reserved.